デンジャラスブロンディ

 ある大雨の日。六歳のオトノハはシャッターが降ろされた店の前で、箱に入れられたメスの子猫を見つけた。それは全身真っ黒なのに、両耳の間の毛だけが金色の、奇妙な毛色の猫だった。
 子猫を家に連れ帰り、世話をしようとするオトノハと父親のナユキだったが、子猫は一向に懐かず、自ら家を飛び出す。
 だがその数日後、子猫は傷だらけになって帰ってきた。
 猫の視点から猫と少女との交流を描くキャットミーツガールストーリー。
 (原稿用紙換算135枚)

■ CAT:01 箱の中の猫(シュレディンガー)

■ CAT:02 荒ぶる街角(ワイルドバンチ)

■ CAT:03 吾輩は猫である(キャッツ)

■ CAT:04 埋まらない空白(ホワイトカンバス)

■ CAT:04" 春猫(スプリングキャッツ)

■ CAT:05 猫待ち小路(キャットウォーク)

■ CAT:06 笑う招き猫(ラフメイカー)

■ CAT:07 猫鳴り(ティンクルベル)

■ CAT:08 猫寄せ草(ウィズアキャット)

■ CAT:09 感染症(トキコプラズマ) 上

■ CAT:10 感染症(トキコプラズマ) 下

■ CAT:11 あるがままに(ナチュラルウーマン)

■ CAT:12 かわいい女(デンジャラスブロンディ)



 
 小説ランキングに参加しています。面白かったらぜひ投票を。
TOPに戻る / メールフォーム

(C)Chabayashi Shouichi 2011-2012.