一年後の自分が何処でどうしているかなど見当もつかない日々を今も過ごしていますが
 
 また一年後、こうして生存報告ができればと願っています。
 
 
 極寒の地、ロシアから始まることになる新しい一年。
 
 明日の自分を待ち受ける何かを楽しみに、日々を過ごしていきたいと思います。
 
 またお会いする日が来ることを祈って。
 
 
 
 2016年1月1日