(C)Two-Way/中学校/社会/授業のルール/中学校1年生/授業のルール/4月の最初の授業



捨てちゃダメ(教科書、地図帳の保存)

4月の授業で話しておくことPart2


向井ひとみ(兵庫県TOSS中学Kサークル)


中学校の社会では、1・2年で使用した教科書が3年生で受験勉強に必要なことがある。
社会の教科書、地図帳、副読本は、3年間保管しておく方がよい。


4月、新しい教科書、地図帳、副読本を配布し、記名後

説明1 中学校の社会科では、3年間で3冊の教科書、1冊の地図帳、それに各学年ごとに問題集や資料集を授業で使います。
     1,2年生で地理的分野と歴史的分野、3年生で公民的分野を学習します。
     1,2年生で使用した教科書や地図帳、問題集や資料集は、中学を卒業するまでは、
     絶対に捨てないでください。
     3年生になって「1,2年生の復習をしよう」と思ったときに「教科書がない」と言われても、
     手に入らないことがあります。             
     教科書は、3年に1度は見直しがなされます。同じ学校でも、学年が違えば教科書会社が違う
     と言うことがあります。

 学年が変わると教科書を処分してしまう生徒がいる。教科書を再購入する際は、本代もかかる。
最初に話をしておくと、捨ててしまう生徒はぐっと減る。

向井のHP  TOSS-LAND メール
Copyrightsc2000 TOSS(Teacher's Organization of Skill Sharing)All rights reserved
 TOSS(登録商標第4324345号)、インターネットランド(登録商標4468327号)
 このサイト及びすべての登録コンテンツは著作権フリーではありません。
 リンクについてもお問い合せください。