近年、サーキット走行は重量級ハイパワー車が目立ってきており、ブレーキにとって厳しくなるばかり。何度まで耐えられるか?というのが一つの判断基準となり、ジュールも950℃という高温にも耐えれる様温度域を設定しましたが、ローター温度が800℃〜900℃まで上昇すればローターはもとより、その周辺部分キャリパーナックル部分の剛性も低下してしまい、ブレーキタッチが悪化してしまいます。周回を重ねた時、ブレーキがフニャフニャになったり、ペダルが奥になったりした経験はないでしょうか?
ジュールは熱に対して、耐えられるだけでなく、ローター温度が低く使える様に、独自のマテリアルと高温高密度製法にて実現し、変わらぬペダルタッチで安定したブレ−キングをお届けします。
また低温域に関して他社レース用パッドは表記温度に達するまで、まったく効かないと言う話を耳にしますが、ジュールはローター温度150℃以下でも効きますのでストリートの使用も可能ですが、サーキットでの性能を最大限重視していますので、150℃以下で使用の場合カーボン皮膜が形成できないため、磨耗及びローターへの攻撃性は高まりますので、出来るだけカーボン皮膜を形成した状態でお使いください。
見た目地味なシルバーですがこれもこの色が一番耐熱に優れた色である結果です。また約1.5倍量の摩擦材を独自に高温高圧縮製法したことにより減りが少なく「四輪制動」によりフロントの減りは一層少なくなります。一度熱が入れば、材質変化を起こし、再使用で全く性能がダウンしてしまうレース用パッドも多いようですが、一度使った後も材質変化がほとんど無く、例えば数ヶ月後の再使用でも同じ性能を発揮します。

ライン

耐熱性と耐久性




























トップ

商品概要に
戻る

ライン